POGO77RECORDS[HARDCORE PUNK]

PUNK LABEL
<< 【駄文】本日は東洋化成さんへTHE TITS 12"カッティング立ち合い | main | 【駄文】THE TITS 12"で東洋化成さん行ってきました >>
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    【国内ディストロ:1月19日発売予定】MALiCE PANiC - ST 7"レコード(CD付)

    【国内ディストロ:1月19日発売予定】MALiCE PANiC - ST 7"レコード(CD付) ご予約はこちらへどーぞ

    BAND : MALiCE PANiC
    LABEL :  ALIVE BY CAFFEINE RECORDS
    TITLE :  MALiCE PANiC
    NUMBER : ABC-002
    FORMAT : 7" RECORD
    PRESS : 300
    TRACK : 4 SONGS
    a1・Parasite 2:25
    a2・Don’t Give Up the Fight 2:29
    b1・Blind With Terror 2:39
    b2・You Stand By 3:04
    PRICE : 1000円(税抜)
    備考:CD付き

     

    レビュー:

    名古屋を中心に精力的に活動しているMALiCE PANiC、2012年結成以来、3枚のオムニバス「BEYOND ALL BORDERS」(FROM Vo.pierce panic)「VILLAINY PRISON PUNK CHARTBUSTERS」(FROM VILLAINY PRISON RECORDS)「NOISE OFMIND」(FROM REJECT)には参加したが、遂に初めて単独音源"ALIVE BY CAFFEINE RECORDS"をリリースする。しかも自主7"レコードと来たもんだ!300枚限定4曲入りということで震えながら早速針を落としてみた。全編ボーカルpierce panicのオリジナルENGLISH(アメリカ人)が心地よいUK82や2000年代STREET PUNK/Oi!を基軸にした楽曲、シンガロングなコーラス、泣きもメロディーも多く速いって訳でないのに勢いを感じるCLOCKWORK HARDCORE PUNKなのだ。まさに日本では絶滅寸前であろう王道のクラシックスタイルSTREET PUNK!簡単に個別にトラック紹介してみよう、A1トラック「Parasite」、掛け合いコーラスが印象深いメロディーのしっかりしたCLOCKWORD HARDCORE PUNK、A2トラック「Don’t Give Up the Fight」、ミドルテンポなFIGHT SONG!、B1トラック「Blind With Terror」、THE BLOOD、日本でいうとHAT TRICKERSを思い出すハードコアであり泣きもあるハードコアパンク、ラストになるB2トラック「You Stand」、緊張感あるハードコアパンクでボーカルの乗っけ方、ギターの入れ方がやばい!軽く触れたが見た目から感じるよりかなりCLOCKWORK HARDCORE PUNK。あえてバンドを出すとしたら、LOWER CLASS BRATS/THE UNSEEN/CHEAP SEX/THE VIRUS等のPUNK CORE第1世代〜第2世代、古くはTHE BLOODなんかの要素も多分に入ってると思われるな。名古屋で自主企画「SHOUT IT LOUD!!」を自主企画で毎月開催予定だったり、「DEAD CHAIN」「FALL DOWN NINE」も開催している。アナログを聴けない人でも、優しいCD付きなので、ぜひ音源を手にとってもらいMALiCE PANiCの魅力を感じてもらいたいのだ!

     

    今村紀康(POGO77 REOCRDS)

     

    【国内ディストロ:1月19日発売予定】MALiCE PANiC - ST 7"レコード(CD付) ご予約はこちらへどーぞ

    | ディストロ | 11:18 | - | trackbacks(0) |
    http://blog.pogo77.com/trackback/1031316
    NEW ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    このページの先頭へ